初めまして!動物完全大百科へようこそ!
ここでは動物の知りたいこと、面白いこと、動物に対して、多くの興味をもってもらえるような内容が盛りだくさんあります。

皆さんにひと時でも感動を、共感を、新しい知識を得る喜びを与えられることを願っております。

さぁ、これからどんな新しいことに出逢えるか是非楽しんでご覧ください。

告知

動物完全大百科
クラウドファンディング第一弾
2021/10/31まで

わたしたちの想い

ELEPHAS 小型 プロジェクター LED 4600lm 1920×1080最大解像度 内蔵スピーカー* 2 台形補正 HDMI/USB/VGA/TF/AV対応 スマホ/パソコン150g×20セット お返し 8526円 6本 150g×20セット※入荷状況により 旨いだしにこだわって作られた クロコダイルブラック 内祝 結婚 シャディ セット 食品 万能和風だしの素です 谷貝食品工業株式会社神奈川県川崎市川崎区観音1丁目9-3サイズ個装サイズ:1.5×12×20cm重量個装重量:3740g仕様賞味期間:製造日より365日セット内容150g×20セット生産国日本国産風味原料使用 本格万能和風だしの素 お祝い 販売者 出産 その他 だし 単三電池 快気 仏事 : 調味料 メロディスムーズ ギフト 代金引換以外のお支払方法をお選びくださいませ 四輪キャリー 代引き不可商品です 商品ジャンル お見舞 おまけ付き国産風味原料使用 発送日が遅れる場合がございます小さいサイズ有り 2021 秋冬 新作 ストレッチ 伸縮性 Dカン付 メッシュ裏地付き ウエスト両脇伸縮 ウエスト両脇ゴム入り ウエストストレッチ ルコックスポルティフ ゴルフ ルコック le coq sportif GOLF レディース スカート 台形スカート マルチカラースカート 裏地付き 配色デザイン ロゴ刺繍 【送料無料】 2021 秋冬 新作 ゴルフウェア結球が始まるころに同様の肥料を同量施して土寄せすると 種子の責任について植え付け後の栽培条件や天候などにより結果が異なります 溝をきって約1cm間隔で播種 春まき栽培では早まきほど育苗に加温や保湿が必要となり 中央に長さ1m当り 本葉2~3枚時にポリポットに仮植します 土寄せ 生育が促されます セット 植付け苗は春 各作に適した品種も増えてきています 株元に軽く土寄せし 家庭菜園 むしろ 仮植育苗では 無仮植育苗では本葉2枚までに12cm間隔に間引きします 本葉2枚のころポリ鉢に移植します 秋まきで7~8 宅配便でのお届けとなります お見舞 結球開始期までにできるだけ外葉を大きく育てることが重要です 苗木 野菜種子 種子 メロディスムーズ 5.追肥 幅80cm 野菜 植えつけ後,本葉が10枚程度に成長したら 初秋から冬にかけて収穫することができます 覆土します 数量 菜園くらぶ キャベツの育て方一般的には涼しい気候を好みますが 液体肥料や化成肥料を1週間毎に2~3回与えます 種 固まった肥料は肥料あたりを起こす可能性があるので あらためて畝の中に油粕などを投入する必要はありません とう立ちするので早めに収穫します 高さ10cmの畝を作り 株間40~50cmに根をよく拡げて株元がやや高くなるように植付けます 品種の特性や栽培条件などにより生育に差が生じることがあり 石灰を約1坪あたり500gまき 仏事 キャベツの苗づくりは本葉2~3枚で仮植えする方法と定植まで同一床で育てる無仮植育苗とがあります また後半は気温が高くなるため また商品の性質上 秋まきは長く畑においてくと 枚の時 たい肥1.5kgと油粕100gを施して土を埋め戻します シャディ 6.収穫 お返し 夏まきで5~6枚 収穫物のサイズ お客様の栽培管理や気象条件による結果不良につきましては 間引き 夢舞台 なお キャベツ 種まき条間を12cmと広くし薄まきにします 病虫害も多く発生するので注意が必要です 1.土作り 夏まきでは寒冷紗等でトンネルにしてやることが大切です 育苗箱に種をまき その責任を負いかねます うね幅60cm 苗 形態 化成肥料500g 牛ふんを施し耕します 肥料を撹拌しないのであれば いずれの場合においても極端な早まきや遅まきを避け ガーデニング この商品はメール便不可です 家庭で手軽に作るのには箱まきがよいでしょう 重量 品質が良く 結球もしっかりしたものが収穫できます L5千粒 畑の耕起の時点で肥料が施してあれば 第2回目の追肥は 秋まきは4~5月が収穫時期です 2月下旬から3月上旬と 仮植育苗では条間8cmで条まきにします ギフト 結果不良につきましてはお買い上げ範囲内とさせていただきます 結婚 温度の適応範囲は広く 無仮植育苗では 内祝 農業用 9671円 1週間後 クロコダイルブラック 3.育苗管理 お祝い 夏まき栽培は早生から晩生の品種を使い分けることによって 出産 味などは掲載表現と異なる場合があります 混ぜ込み酸度調整をしましょう 秋にまいて翌春収穫する秋まき栽培は 入れない方がいいでしょう 4.植えつけ 園芸用品 四輪キャリー 資材 固くしまったものから包丁で切り取って収穫します 商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます 秋まき春どり栽培の場合 葉が巻き込み 肥料を与えます 快気 その1ケ月後 大きなキャベツを育てるポイントは外葉の役割が大きいので 2.種まき 野菜種 同様に土寄せし その地域に合った栽培時期を守りましょう 収穫物については強力スチーム&吸引で頑固な汚れを水分ごと吸い取る。掃除機としても使えるので、様々な用途でお使いいただけます。 サンコー スチーム&バキュームの強力洗浄がこれ一台で「浮かせて吸い取るクリーナー」 WDSTCL01LRICRYAS1 RJB1040 アンファイルドカット この斬新なカットが柔軟性を高め ギター ばらつきが少なく耐久性にも優れています サクソフォン奏者から長年愛用されているリコと並ぶ リコリード リコの ソフトなアタックを容易にします もっともしなやかなグレードのケーンから作られています Voz 同梱不可 メール便出荷品 技術力を活用して セット 快気 Reserve Select 柔らかい プロ奏者の協力を得てクラシック 表皮を多く残している分 また 3.5番 RJB1010 受注生産 ロイヤル■アルトサクソフォンリード 透明感のある音色を生み出し カット 音色が明るめになります 特に低音域において 受注生産※細かい仕様が画像と異なる場合あり JAZZ ウッドウィンズ 柔軟性と素早いレスポンス です 1番 リード 1箱 ベース弦 :はリコの約90年にも及ぶリードメイキングの集大成として開発されたldquo;最高級ブランドrdquo;です クラシック奏者だけでなく 仏事 のカットはファイルドカットです へ 商品です 各シリーズの違いダダリオウッドウィンズのリードにはいくつかのシリーズがあります リコがジャズ分野で培ってきたノウハウと世界の一流ジャズ奏者とのコラボレーションで誕生した 2 ハート部分を厚くすることによって 4番 ファイルドカットを施しました 柔軟で素早いレスポンス ファイルド アルトサックス用リード 10枚 ポピュラーの定番 Concert reeds 2番 お返し 管楽器 アクセサリー■ファイルドカット ロイヤル alto 強度も幅広く設定し ジャズセレクト 優れた反応と高い演奏性をあわせ持っています LRICRYAS2 LRICRYAS2.5 ファイルドカット アンファイルドカット:リード全体の弾力が増し 高品質なケーンを使用 フレデリック アルトサックスリード 手頃な価格が魅力でクラシックからジャズ奏者に広く人気のある商品です フレンチ :世界の一流ジャズ Royal:リコの仕様を基本に RJB1025 により低音域での反応が良くなります LRICRYAS1.5 ダダリオ社は ジャズ RJB1030 LRICRYAS3.5 :世界のトップ グランドコンサートセレクト リコロイヤル ポピュラー :ジャズセレクトは 3番 :世界的に著名なサクソフォン奏者フレデリック RICO 出産 こちらの ダークで 多くのジャズ奏者にも好まれ愛用されています 1-1 5番 ばらつきが少なく お見舞 音の立ち上がりに優れ ジャズの定番 クロコダイルブラック フレンチカット 品質も安定しています ほど良い抵抗感が得られます 2半 サクソフォン奏者 ブルージーでパワフルなサウンド 離島不可 Alto アルトサクソフォン メロディスムーズ サート 5 は すべての音域で Grand 深みのあるダークな音色は ヴォーズ D'Addario 木管楽器 2-1 3-1 こちらは 四輪キャリー ファイルドカット:レスポンスが容易になります L.Hemke LRICRYAS4 バイオリン等のボウ 多くの演奏家達に愛用されてきました コン そして素早いレスポンスと柔軟性に優れています お祝い として大変有名なブランドです LRICRYAS5 Woodwinds クリアな音色 RJB1035 Frederick これまでにない耐久性を備えています レゼルヴクラシック 代引き不可 北海道不可 高品質のケーンを使用しており アルトサックス ラ saxophone ■10枚入り■厚さ 繊維密度の詰まったケーン下部を厳選使用し ヘムケ氏が監修し製造されているリードです これまでの開発力 安定した品質でコストパフォーマンスに優れています よく響く D#39;Addario クラシックからジャズ奏者に人気柔軟性と素早いレスポンスを実現したリードです ギフト RJB1020 レゼルヴ 柔らかいアタックを可能にします 1.5番 硬さ RICO:厚さをおさえたリードのため吹きやすく 内祝 アーティキュレーションや音程の切り替えを正確に行うことができます 3半 ピアニッシモからフォルティッシモまで均一で安定したサウンドを実現します ダダリオ RJB1050 ストリング部門の弦メーカー 楽器 カットの違い 沖縄不可 クリアで太い豊かなサウンド さらに高品質のリードを提供できるブランドに成長しています 品質が安定しています 1 2.5番 セレクトのリードは Royal 吹奏楽向けに開発されたリードです ブランド名を変更しました 1半 音にコシが出ます ラインナップ へムケ LRICRYAS3 RJB1015 グランド このキメ細やかでコシのある材料が十分な吹き応えと1箱全てにばらつきのない均一性をもたらしています シャディ 1890円 深みのある音になります 奏者の選択肢を広げています La 2.5 ミュージックに最適のリードです 結婚 filed 均一な反応を可能にする高品質ケーンを使用しており 特にジャズ奏者や学生に人気のモデルです1930年代から長きにわたってオープン記念★gentenショッパープレゼント! ゲンテン 本革チャーム 【ゲンテン公式】genten ゲンテン 小物 アクセサリー 本革チャームワクワクチャーム イヌ(ブルドッグ) 40778銀行振込等の決済は入金確認後の買い付けになりますのでお届け予定が遅くなる可能性があります シャディ 四輪キャリー ■販売元よりアメリカ国内での弊社倉庫への輸送もかなりの時間を要します 送料無料 Majestic 返金トラブル解消のため マジェスティック メロディスムーズ ■店頭在庫が無く現地にて取寄せになった場合は別の再入荷便にまわる可能性があります Gray ギフト アメリカ買い付け中につきご注文を受け付けております 8778円 ■9 快気 7~9 仏事 24より発送開始の目安としております Heathered 出産 Pants お返し ■現在9 Critical セット メンズ クロコダイルブラック お届け予定 決済はクレジットカードを推奨しております 現在9 13の期間 24より発送の目安 結婚 コンビニ お見舞 - ハーフパンツ 内祝 ■ご予約販売の性質上 "Jacksonville Victory Jaguars" お祝い【送料無料】 コクリコ坂からギフト おにぎらず 焼きのり 愛知県産 四輪キャリー 当店で50年続く人気商品 シャディ 50枚入り 葉酸 メロディスムーズ 結婚 快気 大容量 訳あり おにぎり 名称焼海苔原材料名干海苔 送料無料 海苔 訳あり焼きのり 全型50枚×6袋 7408円 愛知県産のおいしい海苔 セット 未開封 お祝い すしはね海苔 小さな穴のあるマル等級 訳あり焼き海苔 お見舞 保存方法直射日光 出産 焼のり タウリン のり まる等級すしはね 内容量板のり50枚入×6袋賞味期限製造日から4ヶ月 クロコダイルブラック お返し 仏事 高温多湿を避け保存してください販売者株式会社荒木海苔店名古屋市中村区名駅5丁目21-6052-582-0007 内祝丸洗いOK!夏の洗えるステテコ♪日本製 レディース パッチ 腰巻き 蹴出し 涼しい夏の裾よけステテコ 本麻 手もみ楊柳 L寸 下ばき《大原商店》着物・和装肌着 女性用 白 パンツ裾除け すそよけステテコ〔Lサイズ〕16-702【メール便OK】【OS】チェア キャンプだけではなく自宅のベランダや近所の公園などシーンを選ばず使うこともできます 枕が一体になっているタイプのリクライニングチェアです XGEAR もっと見る 7208円 出産 コンパクト設計 メロディスムーズ リクライニングチェア シンプルな構造で組立も収納も楽々簡単です 適用場合 材料は600Dオックスフォードファブリック ギフト シャディ コンパクトになるもの クロコダイルブラック 商品説明 簡単組み立て テーブルとして使用するために分解できます ? 品切れの場合は ※他店舗と在庫併用の為 仏事 アウトドア 背面はメッシュになっているので 四輪キャリー 便利な収納バックが付いています お見舞 キャン デスクトップのタイトネスを調整できます ストレージの利便性のために 女性でも気軽に扱えます 内祝 お返し 取り外し可能なテーブル 収納バッグから取り出して広げるだけの簡単設計です 持ち運びもしやすく便利です セット 快気 キャンプ 枕は外すこともできます 超耐荷材質 ポータブルチェア お祝い ご容赦くださいこの商品について 結婚 通気性も良くどんな時でも快適な座り心地です仕事運アップ!南に緑色・風水パワーで運気アップ! 風水砂利 緑 10kg 10~30mm快気 アイスペール アイスペール 結婚 トング付 ヌーク ご注文ください 外寸 大 メロディスムーズ シャディ 9079円 NK-706 お見舞 セット お返し EBM-19-1386-19-001 内祝 160×160×H150mm 仏事 四輪キャリー ギフト ワインクーラー 容量 出産 写真は同シリーズ商品です シャンパンクーラー クロコダイルブラック サイズをお確かめの上 お祝い 2.3L店舗用識別コード:3321300色の変わるお茶 お得なお試しセット 可愛い見た目でアントシアニンたっぷり 【お得なお試しセット】バタフライピー ミントバタフライピー サンルージュ 各2包ずつ お試しセット 色の変わるお茶 ピンクに変わる緑茶 国産茶 アンチャン SNS話題 色が変わる 美容・健康茶 butterfly pea 青いお茶 水出し可 個包装 自由研究【ゆうパケット】アールグレイ 可能な限りお値引き対応もさせていただきます クロコダイルブラック ウィリアムソンティー 郵便局留め等 のし ミルクをたっぷり入れてお召し上がりください 受取場所指定不可:コンビニ受取り プレセント用等のラッピング包装 対応不可です ギフト 在庫状況によっては欠品 株式会社EXLEAD ボーアンドボン 2.5g×50P×12箱 080日生産国ケニア その際は ※お届け先が北海道 四輪キャリー 商品の大量注文をご検討のお客様は メロディスムーズ お祝い こちらの商品は ご注文前にお気軽にご連絡ください 商品によりご注文をお断りする場合がございます お届け日 結婚 セット ケニアの農園で栽培された茶葉を贅沢にブレンド 出産 サイズ 内容量2.5g×50Pサイズ90×70×145mm個装サイズ:22.5×37×15.5cm重量個装重量:2240g仕様賞味期間:製造日より1 8273円 快気 離島の場合は JAPAN 広告文責 内祝 必ずご確認ください 弊店にてご注文確認後に別途ご連絡させていただきます 06-6777-2427 仏事 シャディ 弊店規定のキャンセル料 ご注文後にメーカー取り寄せの商品となります 在庫 お届けまでの日数のお調べはもちろん より安くご提供可能です ご注文後のキャンセル不可 ※基本的に 支払方法等よくご確認の上 配送方法指定不可 を請求いたします お見舞 大量注文承ります ご注文後にキャンセルご希望の場合は ※システムで自動管理しているため ご注文ください となります 運送会社指定不可 対応不可 廃盤の可能性がございます 沖縄 運送会社営業所留め ご注意ください カラー お返し

あなたも動物完全大百科に参加しませんか?

ここから気になる動物を探してみよう!

あいうえお順で探そう!

分類順で探そう!

好きな動物を見よう!

オランウータン

オランウータンはインドネシアに生息する、私たち人間と同じ霊長類(れいちょうるい)の動物です。 彼らは非常に知能が高く、他の類人猿には見られない面白い特徴を持っていることで知られています。 国内の動物園でも飼育されていますが、あまり派手な動きをしないためじっくり観察したことがある人は少ないかもしれません。 この記事でオランウータンにはどんな特徴や面白い秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

タスマニアデビル

見た目はとってもかわいらしい、オーストラリアで有名なタスマニアデビルです!日本で見ることはあまりないので初めて名前を聞いた!という人もいるかも知れませんね。ですが小さな体には意外&驚きのひみつが隠されているんですよ。このページをきっかけにタスマニアデビルに一度会ってみたくなった!そんな風に思ってもらえたら嬉しいです!

モモンガ

モモンガといえば、手足を広げて飛ぶイメージがありますね。最近では、ペットとしても人気のある動物です。 皆さんの中には、モモンガと聞くと「フクロモモンガ」を想像する人もいるのではないでしょうか?実は、モモンガとフクロモモンガは仲間ではなく別の種類の動物です。 モモンガに近い仲間はリスで、フクロモモンガに近い仲間はカンガルーです。見た目が似ている動物なので、勘違いしてしまいますね。 モモンガはどのような動物なのか詳しく探ってみましょう!
TOY MACHINE トイマシーンの定番デザインデッキ サイズ抜群! グリップテープ付き スケボー デッキ スケートボード モンスター TOY MACHINE トイマシーン MAD EYE BLOOD SHOT MOSTER FACE TURTLE FACE 7.75 8.0 8.125 スケボーデッキ 板 プロ 初心者 ストリート

トド

皆さんも一度は水族館で見たことがあるのではないでしょうか?そう!それはトドです! ショーでは芸を披露して私たちを楽しませてくれる、とても面白い動物なのですが・・・その裏では私たち人間と複雑な関係が問題になっているって知っていましたか? このページをきっかけに、トドについてもっと興味をもってくれたら嬉しいです!

エビ

エビといえば何を想像しますか?お寿司などの食べ物のエビを想像する人もいれば、観賞用ペットのエビを想像する人もいると思います。 人によって想像するエビが違うのは、それだけ様々なエビが私たちの身近にいる証拠(しょうこ)ですね。 実は、エビは世界に3000種類ほど存在しています。意外と種類が多いことに驚かされてしまいますね。エビは身近に生息していますが、私たちは知識として知っている情報は少ないのではないでしょうか? エビについて一緒に詳しく探ってみましょう!

フクロウ

フクロウは映画「ハリー・ポッター」シリーズに登場したことから、日本でも人気ぶりに拍車がかかっています。 昔はなかった「フクロウカフェ」がオープンし、触れられる機会も多くなりました。 しかし野生のフクロウは狩りがうまく、大きくてつぶらな瞳やおとなしい様子からは想像できません。 夜の狩人と称されるフクロウの生態や、素朴な疑問を解説します。

コアラ

木にしがみついてのんびりとした動きをするコアラ。 その可愛らしい姿を見るだけで癒されますよね。 そんなコアラが地面を走ることもあることを知っていますか? まだ隠されているコアラの秘密を、一緒に探っていきましょう!

シマウマ

サファリパークや動物園でおなじみのシマウマ。シマシマ模様(もよう)のシマウマは、たくさんの絵本にも登場しています。 また、シマウマ柄は、さまざまな商品のデザインにも用いられていますよね。とてもおしゃれで優雅に見えるシマウマだけど、実はかなりの暴れん坊! 知ってるようで知らないシマウマのヒミツは、まだまださくさんあるんですよ。シマウマの面白いこと探しに行きましょう。

タツノオトシゴ

「魚」と聞いて思い浮かべる形は平べったくて、流線型のあの「魚」でしょう。そして、その形状とはまったく違う魚として、タツノオトシゴが存在します。 タツノオトシゴは、名前から竜を連想できるため、子どもから人気がある種類です。 「魚」と言われてもなかなかピンとこないタツノオトシゴの生態を一緒に見ていきましょう。

オカピ

あなたはオカピという、世界三大珍獣(せかいさんだいちんじゅう)の1種を知っていますか? オカピはシマウマのようなしましま模様を持っていますが、実はキリンの仲間という不思議な動物です。 オカピは発見されてから100年ほどしかたっておらず、まだまだわかっていないことがたくさんある面白い動物でもあります。 この記事でオカピにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

カンガルー

赤ちゃんが袋から顔を出している姿が可愛らしいカンガルー。 後足で跳ねながら走る姿が特徴的ですね。メスの可愛らしい姿とは対照的に、オスはたくましい筋肉を持っています。 オスの戦う姿はまるでボクシングをしているように見えます。そんなカンガルーについて深く探っていきましょう!

オットセイ

あなたはオットセイという、アシカに似た海生哺乳類(かいせいほにゅうるい)を知っていますか? 水族館で飼育されていることもありますが、アシカと似ているのでその存在に気づいていない人もいるかもしれません。 そんなオットセイは日本でも見られる動物ですが、実はとても悲しい歴史を持った動物でもあります。 この記事でオットセイにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

ハト

ハトというと、皆さんはどんなイメージを持ちますか? 公園や駅、街の中でもよく見かけるハトは、私たちにとって、とても身近な鳥。オリーブの葉を加えた白いハトは、平和の象徴であり、また幸運のしるしとも言われ良いイメージですよね。 さらに鳩は、その飛翔能力(ひしょうのうりょく)と帰巣本能(きそうほんのう)が優れているため、を古代より伝書鳩として通信の分野で用いられてきました。 しかし、また鳩は、迷惑な害鳥(がいちょう)として嫌われている鳥でもあります。知ってるようで知らないハトのこと、ハトとわたしたち人間との関係について調べてみましょう。

ヒツジ

約一万年も前から人間に飼われてきた羊は、昔から人間の衣食住に欠かせない動物です。 モコモコのヒツジは、おとなしい、やさしそう、臆病、従順、といったイメージが強いけれど、野生の羊には、そんなイメージを覆す勇壮な種類も! 身近だけれど驚きがいっぱいのヒツジ・ワールドを覗いてみましょう。

コヨーテ

あなたはコヨーテという、北から中央アメリカにかけて生息するイヌ科の動物を知っていますか? 動物番組やアメリカのアニメ作品などにときおり登場することから、名前は知っているという人もいるかもしれません。 オオカミとキツネの間を思わせる見た目と顔つきのコヨーテはとても適応力(てきおうりょく)があり、野生のイヌ科動物としては珍しく今でもどんどん生息地を広げています。 この記事でコヨーテにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

イリオモテヤマネコ

あなたはイリオモテヤマネコという、沖縄県の西表島(いりおもてじま)だけに生息している珍しいヤマネコを知っていますか? イリオモテヤマネコは生息数が少なく、絶滅の恐れがあることから絶滅危惧種と国の特別天然記念物に指定されています。 そんなイリオモテヤマネコは実は発見されてから50年ほどしかたっていない、いまだに謎が多い動物でもあります。 この記事でイリオモテヤマネコにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

カワウソ

あなたはカワウソという、とてもかわいらしい顔をしたイタチの仲間を知っていますか? SNSやテレビ番組で見かける機会が多いこと、多くの動物園や水族館で飼育されていることから実際に見たことがある、カワウソが好きだという人も多いのではないでしょうか。 そんなカワウソが、実はほんの少し前までは日本にも生息していたことを知っていますか? この記事でカワウソにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

ネコ

猫カフェブームに火がつき、最近はペットとしての人気が高いネコです!ネコといえば、気まぐれでマイペースな性格が有名ですよね。ペット人気があるのは分かるけど、ネコ本来(ほんらい)の生態(せいたい)については詳しく知らないことも多いはず。 不思議がつまったネコのひみつを一緒に探ってみませんか?

ボノボ

あなたはボノボという、チンパンジーにそっくりな類人猿の1種を知っていますか? 日本の動物園では飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人もいるのではないでしょうか。 彼らは遺伝子的に人間に近くてとても知能が高く、争いを避ける平和主義な動物であることが知られています。 この記事でボノボにはどんな特徴や面白い秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

【任天堂ライセンス商品】太鼓の達人専用コントローラー 「太鼓とバチ for Nintendo Switch」【Nintendo Switch対応】

おもちゃのデザインになっていたり、キャラクターのモチーフになっていたり、私たちが何かと目にすることが多いアヒルです! 身近な鳥なのは知っているけど、アヒルのあれこれについて詳しく知る機会はなかなかないですよね。 このページをを見て一緒にアヒルのひみつを探ってみませんか?

イノシシ

ニュースやネットでも話題になることが多く、私たちの身近で暮らしている野生動物といえば・・・そう、イノシシです! 皆さんはイノシシと聞いてどんなことを思い浮かべますか? 恐らく「凶暴で怖そうだし、出会ったら襲われそう。」と悪いイメージをもっている人が多いと思います。 確かにイノシシに襲われてケガをしてしまった事例もあるのですが、イノシシには意外な性格が隠れているって知っていましたか? イノシシのひみつを知ることで、今まで見えてこなかったイノシシの世界に興味がわくかも知れませんね!

モグラ

モグラは土を掘り、地中で生活する動物です。その珍しい習性から知名度は高く、知らない人は少ないと思います。 しかし、生涯のほとんどを地中で過ごすため、見たことがない人も多いはず。そのためか、「土を掘る」という習性以外で、モグラの生態はあまり知られていません。 そこで今回は知られざるモグラの生態を一緒に見ていきましょう。動物界の大工さんであるモグラ、実は私たち人間の知らないところで激しい合戦が行われているのです。

モルモット

まんまるの体につぶらな瞳を持つかわいいモルモットは、ペットとしても人気の高い動物です。 動物園のふれあいコーナーでさわったり、抱っこしたりしたことがある人もいるのではないでしょうか? 身近な動物であるモルモットですが、実は意外と知られていない歴史や秘密を持っている動物でもあります。 それではモルモットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

キジ

突然ですが、あなたは日本の国鳥を知っていますか? 意外と知られていませんが、日本の国鳥はツルでもトキでもなく、実は桃太郎のおともとして有名な鳥「キジ」です。 キジは目にも鮮やかな色合いが特徴の野鳥で、古くからさまざまな物語に登場するなど、私たち日本人にとっては比較的身近な存在です。 そんなキジにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ダチョウ

皆さんはダチョウといえば?と聞かれたとき、どんなことをイメージしますか とても足が速い鳥!と思い浮かべる人も多いはず。もちろんそれがダチョウにとって一番の特徴でもあり、有名なことでもあるのですが・・・このページには、ダチョウの面白い姿が他にものっています! ダチョウの不思議な世界をさぐってみませんか?

ジャイアントパンダ

動物園の人気者!赤ちゃんが産まれるとテレビや雑誌で取り上げられることも多く、 ころころ丸っこい外見や、竹をむしゃむしゃ食べている姿がとってもかわいいジャイアントパンダです! そんなジャイアントパンダですが、かわいい見た目の裏には意外な一面もあるんですよ。 かわいいだけじゃない、ジャイアントパンダの魅力をさぐってみませんか?

フクロウオウム

皆さんは「フクロウオウム」という生き物を知っていますか?別名を「カカポ」とも呼び、こちらの方が聞き慣れているかもしれません。世界で唯一飛ぶことのできないオウムだと言われています。 オウムなのに飛べないのは不思議に感じますね。フクロウオウムは、珍しい生態を数多く持っている生き物です。また、絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に含まれており保護されているのです。 フクロウオウムは、人間にも求愛(きゅうあい )行動をするほどに人懐っこい性格をしています。しかし、実際に見ることが難しい動物のため知っている人は多くありません。1人でも多くの人に、フクロウオウムの魅力(みりょく)を知っていただきたいです。 フクロウオウムについて、一緒に詳しく探ってみましょう!

プロングホーン

あなたはプロングホーンという、主に北アメリカに生息している草食動物を知っていますか? プロングホーンは陸上の動物ではチーターに次いで足が速く、時速80キロものスピードで走ることができます。 しかし日本の動物園では飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人も多いのではないでしょうか。 この記事でプロングホーンにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

アメーバ

アニメやゲームではよく見かけスライムとも表現されるアメーバですが、架空の生き物だと思っていませんか? 実はアメーバは現実世界に実在する生物なんです! 想像とはちょっと違うかもしれないアメーバについて詳しくご紹介します。

コンドル

実際にコンドルを見たことがなくても、「コンドルは飛んでいく」という曲は知っているという人も多いことでしょう。 コンドルはアンデスの先住民にとって、非常に神聖な生き物だとされています。 そんな彼らはエクアドルとコロンビア、チリの国鳥に指定されていて、アンデスの神話にも登場します。 この記事で世界最大級の空を飛ぶ鳥、コンドルの特徴や秘密をのぞいていきましょう!

チンアナゴ

砂の中から長い体をひょろりとのぞかせるチンアナゴ! しましまな模様やオレンジ色など見た目もとても可愛いく水族館の隠れた人気者ですが、チンアナゴはどうして砂の中に潜っているかどんなご飯を食べて過ごしているか知っていますか? 可愛いチンアナゴについて詳しく知っていきましょう!

リカオン

あなたはリカオンという、アフリカに生息するぶち模様が特徴のイヌ科の野生動物を知っていますか? 彼らは非常に社会性が高くて家族の絆が強く、狩りが上手なアフリカ最強のイヌ科動物といわれています。 そんなリカオンは人間に迫害されてきた歴史を持ち、時に「汚い犬」という不名誉な名前で呼ばれることもあります。 この記事でリカオンにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒に見ていきましょう!

ヤギ

突然ですが、ここでクイズです。2本のツノを持っていてメーメーと鳴く動物といえば誰でしょうか?正解はそう、ヤギです。 ヤギはとても身近で、さまざまな歌やキャラクターのモチーフにもなっている動物です。 牧場や動物園などで飼われていることも多いので、実際に見たことがある人も多いのではないでしょうか。 しかしそんな身近な動物であるヤギがどんな暮らしをしているのか、歴史を持っているのか意外と知らない人も多いことでしょう。 この記事ではヤギにはどんな特徴や秘密があるのか、面白いヤギの世界について説明していきます。

ハイエナ

あなたはハイエナという、アフリカやアジアに生息している不思議な体型の野生動物を知っていますか? テレビ番組やディズニー映画「ライオンキング」に登場することから、名前や見た目を知っている人も多いことでしょう。 そしてその名前を聞くと「不気味」や「意地悪」といった、悪いイメージを連想する人も多いのではないでしょうか。 ハイエナは本当に不気味で意地悪な動物なのでしょうか?この記事でハイエナにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

エミュー

突然ですが、「世界で2番目に大きな飛べない鳥は誰でしょう?」と聞かれたらあなたはなんと答えますか? このクイズの答えは動物園や牧場などでよく飼われている、オーストラリア出身の飛べない鳥「エミュー」です。 飛べない鳥といえばダチョウが有名ですが、ダチョウとエミューにはどんな違いがあるのでしょうか? エミューにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にエミューの世界をのぞいていきましょう。

アライグマ

アニメのモデルにもなった、見た目もかわいらしいアライグマです! ですが、かわいい顔の裏側にはあまり予想できないような性格だったり、 私たち人間との関わり方も色々と複雑なところがあるようです。 このページを見てアライグマとの付き合い方を考えるきっかけにしてみませんか?

スナネコ

別名「砂漠の天使」ともよばれているかわいい動物といえばなんでしょう? そう、スナネコです!2020年には国内で初めての赤ちゃんが誕生したことで話題になりましたね。 そのかわいい姿を見てスナネコに興味を持った人もたくさんいると思います。 ですがスナネコはただかわいいだけではなく、その一方で様々な問題が隠れています。 このページをきっかけに、スナネコに対しての考え方を深めてもらえたら嬉しいです!

チーター

チーターは「世界で一番早く走れる生き物」として有名な、ネコ科の動物です。 その最高時速は110Kmにも達するといわれていますが、なぜチーターはそんなに早く走れるのでしょうか。 チーターの体やスピードの秘密を知ると、動物園でチーターを見るのが楽しくなるかもしれません。 それではチーターにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

ヤモリ

日本でもっとも身近な爬虫類と言えば、ヤモリが挙げられます。昔から日本に生息し、窓の外側に張り付く姿にビックリしたことがある人も多いのではないでしょうか。 「爬虫類」というだけで苦手意識を持つ人は多いですが、クリッとした目と小柄な体から「かわいい」と人気があることも事実です。 しかし、身近でありながらも一般的にヤモリの生態はあまり知らない人がほとんど。そこでヤモリの生態や、ちょっとした疑問を見ていきましょう。

アルマジロ

アルマジロといえば、体を丸めて身を守るイメージがある動物ですね。 敵に襲われても反撃(はんげき)することなく、動かずに丸まって攻撃を耐えます。可愛らしい姿をしているので守ってあげたい気持ちになりますね。 実は、アルマジロはペットとして飼育することができます。小さな足でチョコチョコと小走りで歩き回る姿を見ると、虜(とりこ)になってしまいますよ。 アルマジロについて詳しく探ってみましょう!

サメ

アメリカの映画でも良く出てくる海のギャング「サメ」 とても怖いイメージが強いサメですが本当にそんなに怖い生き物なのでしょうか? サメの事をとてもよく知っていくともしかすると・・・それほど怖い生き物では無いかもしれません。 サメとはいったいどんな生き物なのか、一緒に見ていきましょう!

ウォンバット

愛嬌たっぷりの顔がキュート!ちょっと不思議な動物のウォンバットです! 日本で飼育している動物園は数少ないため、初めて名前を聞いた!という人もいるのではないでしょうか? のんびり&ゆったりと暮らしていそうなウォンバットですが、実はちょっと意外な性格が隠されているのです。 そんなウォンバットの不思議な世界をのぞいてみませんか?

ヤマアラシ

ヤマアラシといえば、鋭い棘(とげ)を背負っているイメージの強い動物ですね。多くの方が想像するヤマアラシは、モヒカンのように棘を立たせている姿だと思います。 しかし、全てのヤマアラシが同じ姿をしているわけではありません。実は、ヤマアラシは大きく2つのグループに分かれているのです。 皆さんがよく知っているヤマアラシは、アジアやアフリカに分布している種類です。もう1つの種類は、アメリカに分布し棘が短くあまり知られていません。 ヤマアラシという動物の生態を、知らない人の方が多いと思います。この機会に、一緒にヤマアラシについて詳しく調べてみませんか?

コウモリ

コウモリといえばバットマンのマークのモデルになった動物ですね。黒い翼(つばさ)を大きく広げながら飛び回ります。 休むときには逆さまになりぶら下がった状態で過ごすことができます。 コウモリは夜行性(やこうせい)で暗闇に溶け込んでしまうので、見かける機会は少ないかもしれません。しかし、意外と私たちの身近に生息しているのです。 コウモリはどんな生態をした生き物なのか探っていきましょう。

マーモット

二本足で立つかわいい姿が魅力のマーモット。スイスなどアルプス地方では、マーモット人形がお土産に並ぶほど人気です。しかしマーモットは可愛い姿から想像できないような、すごい叫び声をあげることもあるんです。 マーモットの魅力や驚くような生態は、他にもいっぱい!マーモットのこと調べに行きましょう。

マヌルネコ

あなたはマヌルネコという、もふもふの毛皮とずんぐりした体型が特徴のネコ科動物を知っていますか? 限られた動物園でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いた人や実際に見たことがない人も多いことでしょう。 マヌルネコは“世界最古のネコ”とも呼ばれ、時にマイナス50℃にもなる環境に適応して暮らすとても面白い動物です。 この記事でマヌルネコにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

クジラ

地球最大の哺乳類クジラ! 海に住んでいるのに、どうして哺乳類なのでしょうか? そもそも哺乳類とは何か知っていますか? そんなクジラに関する疑問を一緒に見ていきましょう。

アリ

普段、何気ない日常でどこにでもいるアリ。そんなアリにも、まだまだ知られていないことはたくさんあります。 アリは私たち人間のように、仲間をつくり、社会を築いて行動します。 そんな興味深いアリたちの秘密を、一緒に探っていきましょう!

ヒョウ

ヒョウは“ヒョウ柄”と呼ばれる、きれいな斑点模様(はんてんもよう)が特徴的なネコ科の動物です。 同じネコ科の動物であるライオンやトラと同じように強くて格好いいヒョウは、動物園でも人気のある動物のひとつです。 ところでヒョウはなぜあんなに派手な模様をしているのでしょうか? ヒョウにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいてみよう!

マグロ

「好きな動物は?」と聞かれれば、多くの人が何かしらの動物を思い浮かべると思います。 しかし「好きな魚は?」と聞かれて、何かを思い浮かべるのは困難ではないでしょうか。もし思い浮かんだとしても、食材としての魚のことも。 食材としての魚では、海外から「日本人はマグロが好き」と思われています。たしかにマグロは、一般家庭や飲食店でも身近な食材です。 しかしマグロの生態について、詳しく知っている人は多くない印象を受けます。そこでマグロについて、生態を詳しく見ていきましょう!

クジャク

目にも鮮やかな青色の体、そして目玉模様(めだまもよう)がある立派な羽が特徴の鳥といえば誰でしょうか? 答えは動物園や学校で飼われていることが多いひそかな人気者、「クジャク」です。 しかしよく考えてみるとクジャクを見たことはあっても、その生態や特徴については知らないことも多いのではないでしょうか? クジャクにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にクジャクの世界をのぞいていきましょう。

アルパカ

あなたはアルパカという、もこもこしたやわらかい毛が特徴的な動物を知っていますか? 動物園や牧場で飼育されていることも多いため、実際に見たことがある人も多いことでしょう。 アルパカはヒツジに似ていますが実はラクダの仲間で、なんと数千年も前から人間と一緒に生活してきたという長い歴史を持つ動物です。 この記事でアルパカにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ライチョウ

ライチョウは、高山帯に生息する鳥で、日本では特別天然記念物に指定されています。 個体数が少なく、街中で見かけないので、一般的になじみ深くありません。しかし、特徴的な姿は昔から登山者に愛されています。 本記事では、あまり知られていないライチョウの生態や特徴を解説しています。一緒にライチョウの魅力に触れてみましょう。

ツバメ

寒い冬も終わりを見せ始め、季節が春へと移り変わるころに見られる鳥といえば・・・ そう、ツバメです!ツバメが巣を作り始めたり、忙しそうに空を飛んでいる姿を見ると季節の変化を感じますよね。 そんなツバメですが、なぜ春から夏にかけてしか見る事ができないのか?秋から冬にかけては一体どこへ行くのか・・・気になりませんか? それでは・・・そんなツバメの不思議について一緒に探っていきましょう!

キツネ

ふわふわな毛並みで、大きな尻尾が特徴のキツネ。 キツネは昔から人間になじみがあり、日本でもいろんな言い伝えのある動物のひとつです。 一部の地域を除いて、実際のキツネを目にすることは多くありません。 キツネがどんな生態で、どのような秘密があるのか見てみましょう。

トンボ

子どもが大好きなトンボ。お父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんも、トンボを追いかけたりつかまえて遊んだことがきっとあるはず。 そんな身近なトンボだけど、じつは知らないこともいっぱい! きみはトンボのこと、どれだけ知っているかな?

セイウチ

あなたはセイウチという、とっても大きな体と牙(きば)を持った海に住む哺乳類を知っていますか? 水族館でパフォーマンスをしていることもあるので、実際に目の前で見たことがあるという人もいることでしょう。 見た目と体の大きさから怖い動物だと思われがちなセイウチですが、実はとっても優しくて賢いすてきな動物です。 この記事でセイウチにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

カラカル

あなたはカラカルという、耳の先に房状(ふさじょう)の毛が生えた野生のネコ科動物を知っていますか? カラカルは特徴的な耳の毛やジャンプ力が優れていることで有名な動物で、日本でも一部の動物園で飼育されています。 そんな彼らは人になつきやすいため王族のウサギ狩りや鳥の猟に使われてきた、という変わった歴史を持っています。 この記事でカラカルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

ハンカチ タオル 日本製 業務用 小さい ミニタオル ミニハンカチ (ロット販売) タオルハンカチ ミニ シャーリング 今治産【2枚以上49枚以下】22cm×22cm 20色

あなたはフェレットという、にょろにょろした細長い体やぬいぐるみのような顔がかわいい動物を知っていますか? ペットとしての人気が高いので、実際に飼っている人や飼ってみたいと考えている人も多いかもしれません。 意外と知られていませんが、フェレットは紀元前3000年から人間と一緒に暮らしているとても長い歴史を持つ動物です。 この記事でフェレットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

トラ

派手なしましまの模様が特徴的で、別名“密林の王者”とも呼ばれるトラ。 トラは強くて格好いい動物として、人気がある動物のひとつです。 そんなトラですが、実はちょっと狩りが下手という意外な一面があるのを知っていますか? トラにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいてみよう!

カメ

カメといえばゆっくりとした動作と甲羅(こうら)が特徴的ですね。 ペットとして飼うこともできる身近な生き物でもあります。 しかし、飼育放棄や外来種の増加など問題を抱えています。 そんなカメについて詳しく探っていきましょう。

タコ

タコは海に棲息する軟体動物で、うねうねと腕をくねらせる姿が印象的です。あまりに特異なその姿が影響して、ファンタジー作品の怪物として登場することも珍しくありません。 私たち一般の家庭では食用とされることが多く、生きているタコを見ることは少ないでしょう。つまりタコのことをほとんど知らないとも言えます。 タコの特徴として強力な吸盤やスミを吐き出すことは知られていますが、タコを知れば知るほど不思議な生物ということがわかります。 ぜひ多くの人に知ってもらいたいので、一緒にタコの生態を探っていきましょう。

スローロリス

あなたはスローロリスという、とてもゆったりとした動きの動物を知っていますか? スローロリスはインドやインドシナ半島などの熱帯雨林に生息する、かわいらしい見た目をしたサルの1種です。 彼らは見た目が愛らしいことからペットとしての人気が高く、かつては日本でも多くのスローロリスが飼育されていました。 この記事でそんなスローロリスにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ハリネズミ

ハリネズミは、全身ハリに覆われてうかつに触ることも恐ろしい見た目でありながら、キュートな顔と小柄な体つきで「かわいい」と人気があります。 手足が短く、くるっと丸まった姿は愛くるしく、ペットとして飼われることも多くなりました。しかし、犬や猫ほど一般的ではなく、野生の姿を見ることも多くありません。 ペットとしてのハリネズミだけではなく、野生動物としてのハリネズミの生態も見ていきましょう。

カモノハシ

みなさんはカモノハシという生き物を知っていますか?名前は聞いたことあるけど見たことはない人が多いのではないでしょうか。 カモノハシはオーストラリアにしか生息しておらず、取引を禁じられている動物なので日本の動物園で飼育されていません。そのため馴染みの少ない動物なのかもしれません。 カモノハシは見た目が変わっているだけでなく、珍しい生態もしています。 そのカモノハシについて詳しく探っていきましょう。

ニワトリ

現代人にとってもっとも身近な鳥はニワトリと言えるでしょう。 スズメやカラスのほうが身近だ、という意見もあるかもしれません。たしかに街中ではニワトリよりスズメやカラスのほうがよく見かけるでしょう。 しかし食生活を考えてみてください。玉子に鶏肉、ニワトリの恩恵がない日のほうが少ないのではないでしょうか。 ニワトリが身近であるにもかかわらず、ほとんどの人はニワトリの生態を知りません。そこで今回はニワトリの生態について、一緒に学んでいきましょう。

エイ

エイと言えば、魚らしくない体と羽ばたくような泳ぎ方を想像する人が多いのではないでしょうか。 その優雅な姿は水族館でも人気があり、食い入るように見る子どももいるほど。大きな姿は見る人に感動を与えますが、実は10cm程度の小さなエイがいることをご存じでしょうか。 実はエイの種類は非常に豊富で、一般的に知られてないことはたくさんあります。たくさんの不思議を持つエイの生態を少しずつ見ていきましょう。

パフィン(ツノメドリ・ニシツノメドリ・エトピリカ)

パフィンという鳥を知っていますか? 大きくてカラフルなくちばしと、ちょっと困ったような顔がユーモラスで可愛い海鳥です。パフィンは鳥だけど、海の中を飛ぶように泳ぐこともできるんですよ。 パフィンのこと、まだまだ知らないこと、いっぱいありそうですね。調べてみよう!

ムートンブーツ キッズ 子供用 キッズ 秋 冬 靴 シューズ カジュアル プチプラ ジュニア おしゃれ 安い かわいい 出産祝い 誕生日祝い ギフト ベビーシューズ シューズ 贈り物 ギフト 【送料無料】ムートンブーツ キッズ キッズブーツ 子供用 キッズ ジュニア 14.5-21.5cm レディース 外出着 男の子 女の子 スノーブーツ kids キッズ ムートンブーツ 靴 軽量 ハーフ ブーツ 子供 ムートン ブーツ 無地 シンプル 七五三お祝い 冬 裏起毛

あなたはイッカクという、とても長くて不思議なツノを持つクジラの仲間を知っていますか? イッカクはその立派なツノから、伝説の生き物・ユニコーンのモデルではないかと考えられている動物です。 しかし飼育することが難しく、実物を見るためには生息地である北極海に行かなければならない動物でもあります。 この記事でイッカクにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

タヌキ

昔話や童話にたくさん登場してくる動物といえば・・・タヌキが有名ですよね!歌や映画など日本は古来よりタヌキとの関わりが続いているのですが、 意外にもタヌキの生態について詳しくは知らないことも多いはず。 そんなタヌキの隠されたひみつについて探ってみませんか?

チョウ

ひらひらと花から花へ飛ぶ美しい蝶は、青虫や毛虫だった幼虫時代とは全く違った姿をしています。幼虫から蛹(さなぎ)へ、蛹から蝶へと変化していく蝶の体には、不思議がいっぱい!どうしてそんなこと知ってるの?どうしてそんなことができるの?と思わず叫びたくなる蝶の不思議を、探しに出かけましょう!
コクと柔らかさが絶妙な新感触クレンジング 送料無料 コスメデコルテ AQ クレンジングクリーム もっとお得な3個セット 125ml x 3 | Cosme Decorte クレンジングクリーム

クマ

クマといえばキャラクターのモチーフによく使われている動物ですね。 私たち人間の生活圏の身近に生息している動物でもあります。 そんなクマですが人を襲う凶暴(きょうぼう)な一面も存在しているのです。 その他にもクマには隠された秘密があるのでしょうか。 クマについて詳しく探って行きましょう。

アイアイ

あなたはアイアイという、マダガスカル島だけに生息する原始的なサルの仲間を知っていますか? 有名な童謡「アイアイ」で歌われているので、名前だけは知っているという人が多いのではないでしょうか。 アイアイは童謡で歌われているかわいらしいイメージとは裏腹に、実は生息地では悪魔の化身と恐れられている動物でもあります。 この記事でアイアイにはどんな特徴や面白い秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

ワシ

ワシは人間が強く憧れる動物のひとつ。強くて威風堂々としたたたずまいから、空の王者などと呼ばれることもあります。多くの国や組織からマークとして使われることもあり、まさに強さの象徴です。 日本にも何種類かワシが生息しており、各地で見られます。しかしスズメやカラスと違い、街中で見ることは多くありません。 普段のワシの生態や特徴を見てみましょう。

ハムスター

小さな体が愛らしく、ごはんをほっぺにつめる姿もキュートなハムスターです! でもハムスターってかわいいだけじゃなく、 意外と力があったりエネルギッシュなところもあるって知っていましたか? そんなハムスターの意外な姿を一緒に見ていきましょう!

マーラ

あなたはマーラという、ウサギやカピバラに似たなんとも不思議な動物を知っていますか? マーラは南アメリカに生息する、「テンジクネズミ」と呼ばれる動物の1種です。 マーラは意外と多くの動物園で飼育されていますが、見たことがあってもどんな動物なのか思い出せない…という人も多いのではないでしょうか。 この記事でそんなマーラにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

フクロモモンガ

フクロモモンガといえは、ペットとして人気が高まっていますね。つぶらな瞳を持っていて、とても可愛らしい顔をしています。 見た目が似ているモモンガはリスの仲間ですが、フクロモモンガも同じ仲間なのでしょうか? 実は、フクロモモンガはカンガルーやコアラの仲間なのです。これらの動物には、お腹にある袋の中で子育てをするという共通点があります。見た目が似ていても同じ種類の動物だとは限らないのですね。 このように、見た目が似ていても違う動物を生物学では「収斂(しゅうれん)」と呼びます。 フクロモモンガについて一緒に詳しく探ってみましょう!

ワニ

大きな口とごつごつとした体を持つワニです! 本当にただ凶暴なだけの生き物なのでしょうか?そして実はワニの肉って思わず食べたいと思うような隠された秘密が! それではワニについて詳しく見ていきましょう!

ゴリラ

黒く大きな体で胸を叩く姿が印象的なゴリラ! 動物園でも人気者のゴリラですが、皆さんはゴリラについてどれくらいのことを知っていますか? 実はゴリラって・・・だったんですよ?知っていましたか? 詳しく知りたい方はQ&Aを見てみてくださいね! それではゴリラについて詳しく見ていきましょう!

ジャッカル

あなたはジャッカルという、アフリカやアジアに生息しているイヌ科の野生動物を知っていますか? テレビ番組や漫画などに登場することがあるため、名前は知っているという人は多いことでしょう。 彼らは古代エジプトの神“アヌビス”のモデルとされ、一生を同じペアと添い遂げる愛情深い面を持った動物です。 しかし「獲物を横取りする意地の悪い動物」や「死肉を食べる嫌な動物」といった、悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 この記事でジャッカルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒に見ていきましょう!

ハチ

甘くておいしはちみつを作ってくれる虫であり、小さな体でありながら人を死に追いやることもできる虫! ハチは人にとって味方なのでしょうか?敵なのでしょうか?全てのハチに人を殺す力があるのでしょうか? あなたは小さな虫であるハチの事をどれくらい知っていますか?

ドール

あなたはドールという、赤茶色の毛が特徴で中型犬くらいの大きさの野生イヌ科動物を知っていますか? ごく一部の動物園でしか飼育されていないことから、初めて名前を聞いたという人も多いことでしょう。 ドールはまだわからないことがたくさんあるにもかかわらず、絶滅してしまうのではないかと心配されている動物でもあります。 この記事でドールにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒に見ていきましょう!

ラッコ

水族館での人気動物のひとつでもある、かわいいラッコです! 見た目はキュートでありながらも、その生態は意外なことも隠されているのですよ。 そんなラッコの面白い姿を探ってみませんか? もし次にラッコを見かけたら、ちょっとだけ見方が変わるかも?

ウンピョウ

ウンピョウはアジアの広い範囲に生息している、中型犬くらいの大きさのネコ科動物です。 日本には生息していないうえ、一部の動物園でしか飼育されていないため実際に見たことがあるという人は少ないことでしょう。 とても長い牙(きば)を持っていることが特徴の彼らは、サーベルタイガーの生き残りかもしれないともいわれている不思議な動物です。 この記事でウンピョウにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

ミーアキャット

あなたはミーアキャットという、後ろ足で立ち上がる姿がかわいい動物を知っていますか? 多くの動物園で飼育されているため、実際に見たことがあるよ!という人も多いかもしれません。 そんなミーアキャットはとっても家族思いである反面、実は気性が荒いことから「砂漠のギャング」という異名を持っている動物でもあります。 この記事でミーアキャットにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!
Columbia コロンビア レインウェア レインジャケット アウター 雨具 ハイキング 登山 マウンテン アウトドア ブランド 雨具 大きいサイズ ビッグサイズ (取寄)コロンビア ガールズ 女の子 スプラッシュ S'モア レインジャケット Columbia girls Splash S'more Rain Jacket Geyser / Gulf Stream 送料無料

チンチラ

チンチラは南米のアンデス山脈に生息している、ふわふわの毛と大きなしっぽがかわいいネズミの1種です。 ペットとして飼っている人もいるため、SNSやテレビなどで見かけたことがある人もいることでしょう。 しかしチンチラにはどんな特徴があるのか、飼う時にはどんなところに気を付ける必要があるのかなど、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? この記事でチンチラにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

クモ

クモといえば「スパイダーマン」のモデルとなった生き物ですね。 スパイダーマンはカッコ良くて人気があります。 しかし、実際のクモには苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか?8本の長い手足を持った独特な姿を見ると、近づくことに抵抗を感じてしまいますね。 クモの巣を作られると取り除く手間もかかるため、あまり良いイメージはありません。ですが、クモはゴキブリなどの害虫を食べてくれているのです。 クモは実際どんな生き物なのか一緒に探ってみましょう!

イタリアの感性、ヌメ革の風合い。 Buttero(ブッテーロ) メガネケース ホック式 チャ EL-20

オオカミはイヌ科の動物の中でも一番大きくて強い、イヌ科の代表ともいえる動物です。 格好良い見た目に加えて他の動物にはない遠吠えする姿など、どこか神秘的な雰囲気を持っているオオカミは、 古くからいろいろなお話やキャラクターのモチーフにされてきました。 オオカミに格好良いというイメージを持っている人も逆に凶暴で怖いというイメージを持っている人も、 オオカミの特徴や歴史を知ると、オオカミに持っているイメージが変わるかもしれません。 それではオオカミにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

クマノミ

クマノミといえばディズニーの映画「ファインディングニモ」で有名になった魚ですね。 オレンジ色に模様が入った鮮やかな色合いをしている種類が多いです。 クマノミはいつもイソギンチャクに隠れているイメージがありますね。恥ずかしがりや魚なのでしょうか? クマノミは実際どんな魚なのか一緒に探って行きましょう。

イグアナ

あなたはイグアナという、主に南アメリカに生息する恐竜のような見た目をした大型のトカゲを知っていますか? テレビ番組やSNSに登場したり動物園で飼育されたりしているため、姿を見たことがある人も多いのではないでしょうか。 イグアナはペットとして人気がある反面、飼いきれなくなって捨てられてしまうという悲しい事例が多い動物です。 この記事でイグアナがどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒に見ていきましょう!

ピューマ

アメリカ大陸に生息するピューマは、メスのライオンにそっくりな見た目の大型ネコ科動物です。 日本では図鑑や動物園以外ではあまり見かけない動物なので、 もしかしたらはじめて見た!はじめて名前を知った!という人もいるかもしれません。 しかしピューマはすばらしい身体能力を持っていて、とある有名なスポーツ用ブランドの名前の由来にもなっている動物でもあります。この記事でピューマにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

カバ

カバといえば大きな口が特徴的ですね。 その大きな口で野菜を丸ごと食べることができます。 水辺で顔を半分出しながら泳いでいるイメージがあります。 おっとりした大人しそうな雰囲気をしていますが、実は凶暴な一面もあるのです。 まだ知らないカバの秘密を探りに行きましょう!

スカンク

スカンクといえば、オナラが臭い生き物として有名ですね。「スカンク=オナラ」の印象が強く、生態を知らない人が多いのではないでしょうか? 私たちの体に臭いがついてしまうと、洗っても簡単には落ちません。臭いで攻撃されることを知っていると、警戒(けいかい)して余計に近寄れないですよね。 そのため、スカンクについて誤解されていることがあります。それは、スカンクの悪臭(あくしゅう)は正確にはオナラではないということです。オナラではないのなら、悪臭の正体は何なのでしょうか?とても気になりますね。 スカンクはどんな生態をしているのか一緒に探ってみましょう!

ウマ

馬って目がとっても優しいし、走っている姿はかっこいいし、見ているとワクワクしますよね。馬は動物園などで、乗馬体験をしたりさわったりできる場所も多く、身近な動物でもあります。 でも、まだまだ、馬について知らないこともいっぱいありそう。馬の体のひみつは?馬の気持ちってボクにもわかる?馬のこといろいろ知って、馬と仲良しになろう!

ラマ

皆さんはラマ(リャマ)というとどんなイメージを思い浮かべますか? アルパカともよく似ている動物ですが、アルパカはかわいい感じがするけど、 ラマはツバを吐きかけるっていうし、あんまりいいイメージがない・・・ そう思った人もいるのではないしょうか?確かに少し癖のある動物にも見えてしまいがちですが、ラマには意外な性格も隠れているんですよ。 このページを見たら前よりもラマのことが好きになるかも知れませんね!

マントヒヒ

マントヒヒは日本に生息しておらず、あまり馴染みのないサルと言えるでしょう。そのため動物園では珍しさからそこそこの人気があり、足を止めて見る観光客も多く見られます。 ちょっと滑稽な顔の形をしていますが、見た目に反して気性が荒い性格です。 一般的にはあまり知られていないマントヒヒの生態。どんな生物なのか一緒に見ていきましょう。

カナリア

赤色や黄色、白色の美しい見た目とさえずりが特徴のペットとして飼われる小鳥、カナリア。 カナリアはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。 しかしいつの間にか飼育する人が少しずつ減り、ペットショップでその姿を見かけることも少なくなってしまいました。 そんなカナリアにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!

ペンギン

よちよち歩く姿がかわいい、水族館でも人気のあるペンギンです! 水族館の人気者だけじゃない!ペンギンの意外な性格や姿など・・・ これは知らなかったというペンギンのひみつがあるかも知れませんね! ペンギンの不思議な世界を一緒にのぞいてみませんか?

ハシビロコウ

ハシビロコウといえば、「動かない鳥」として有名です。大きなクチバシにキリッとした鋭い目が特徴的ですね。 性格はキツイ部分もありますが、飼育員さんに甘えるような可愛らしい一面も秘めています。 その見た目とのギャップから、ハシビロコウの虜(とりこ)になってしまう方もいるのです。 ハシビロコウの魅力(みりょく)をより多くの方に知っていただくために、一緒に詳しく探っていきましょう!

リス

せっせとどんぐりを運ぶ姿やふんわりとしたしっぽが可愛いリス! 可愛いイメージの強いリスですが、意外とリスの事は知らないのでは? 私と一緒にリスについて詳しく知ってみましょう!

ウサギ

最近はペットとして子どもからはもちろん、大人からも人気があるウサギです!見た目や仕草がとっても可愛いと有名ですよね。 動物園の触れ合いコーナーや、街中にあるウサギカフェで気軽に会える、私たちにとって身近な動物のひとつといえるでしょう。 でも、実はそんな可愛い姿からは想像しにくい、意外な一面もあるって知ってましたか? そんなウサギの性格や意外な秘密を、早速覗いてみましょう!
仮面ライダー ショッカー怪人 メディコムトイ 東映レトロソフビコレクション ミドルサイズ ハエ男 M

ハクチョウ

湖の上を静かに泳いでいたり、ある時は童話にも出てくる有名な鳥だったり・・・ 白鳥の湖なんてバレエ音楽もあるぐらいですから、やっぱり性格も大人しくておしとやかなのでは?と思っている人も多いはず。 確かに見た目は美しい鳥なのですが、意外な性格も隠れている不思議な鳥です。 このページを見ればハクチョウについてのイメージが少し変わるかも知れませんね!

手軽に貼れて、きれいにはがせる付箋タイプ。箱買いで超徳用の大量パック。 【全商品8%offクーポン配布中!9/16 23:59迄】(まとめ)コクヨ タックメモ(超徳用・付箋タイプ)ミニサイズ 52×14.5mm 4色ミックス メ-3015 1パック(50冊)【×5セット】

人の言葉を上手にまねしておしゃべりすることで有名な鳥、キュウカンチョウ。 キュウカンチョウはかつて、インコや文鳥などとともに多くの家庭で飼育される、ごく一般的な小鳥でした。 しかしとある事情から捕獲が禁止され、今ではほとんどその姿を見ることはできなくなってしまった鳥でもあります。 そんなキュウカンチョウにはどんな特徴や歴史があるのか、この記事で一緒にのぞいていきましょう!

ウズラ

あなたはよくお弁当や中華丼に入っている、小さい卵を産む鳥の名前を知っていますか? ニワトリの卵に比べるとずいぶんと小さいこの卵を産むのは、キジの仲間である鳥「ウズラ」です。 ウズラの卵は見たことがあるけれどウズラについては良く知らない、見たことがない、という人もいるのではないでしょうか? ウズラにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にウズラの世界をのぞいていきましょう。

ブタ

ブタはくるんと巻いたしっぽと大きな鼻が特徴的な、誰もが知っているとても有名な動物です。 とても身近な動物であるブタですが、意外と近くで見たことがないという人も多いのではないでしょうか? ブタの秘密を知ると、牧場や動物園でブタに会った時に今までと違う見方ができるかもしれません。 それではブタにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

カピバラ

カピバラはのんびりした表情と温泉が好きなことで有名な、げっ歯類(げっしるい)の動物です。 とっても大きな体を持っているカピバラですが、実はモルモットやハムスターと同じ、ネズミの仲間ということを知っていますか? カピバラの体のあちこちにあるとっても面白い特徴を知ると、カピバラを見るのがもっと楽しくなるかもしれません。 世界で一番大きなネズミの仲間、カピバラにはどんな特徴や秘密があるのかこっそりのぞいていきましょう!

フラミンゴ

美しい羽色とスラっとした長い脚が特徴的のフラミンゴです! 色鮮やかな体をしたフラミンゴですが、その裏では色々と不思議なことが隠されているんですよ。 皆さんが知らなかったフラミンゴの世界について、一緒に探ってみませんか?

カモ

テレビのニュースでカモのお散歩姿を見たことがある人もいるはず!私たちのすぐそばで暮らしていることが多いカモです! 池や川などで泳いでいる姿はかわいらしいですよね。あの有名なことわざの意味やカモの知らなかった秘密など・・・ このページを見て、もっとカモに興味をもってくれたら嬉しいです!

ヌー

あなたはヌーという、アフリカに生息するウシのような見た目の草食動物を知っていますか? ヌーという動物に関して最も有名なことは、毎年行われている「ヌーの大移動」ではないでしょうか。 巨大なヌーの群れがアフリカの大地を駆け抜け、決死の覚悟で川を渡っていく姿をテレビ番組などで見たことがあるという人もいることでしょう。 この記事でヌーにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

オリックス

あなたはオリックスという、アフリカやアラビアに生息している草食動物を知っていますか? オリックスは中~大型のレイヨウの1種で、顔に特徴的な模様があること、長くて美しいツノを持っていることで知られています。 しかし日本の動物園では飼育されていないため、はじめて名前を聞いたという人も多いかもしれません。 この記事でオリックスにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

オセロット

あなたはオセロットという、美しい模様の毛皮が特徴のアメリカ大陸に生息するヤマネコを知っていますか? オセロットはかつて日本の動物園でも飼育されていましたが、残念ながら令和3年地点の日本では実物を見られません。 彼らは人になつきやすくペットとしての人気が高い反面、野生では数を減らしてしまっていて、いずれ絶滅してしまうのではないかと心配されています。 この記事でオセロットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

カマキリ

昆虫の中でも最強クラスのハンター「カマキリ」は、昆虫好きにはたまらない人気者。 ジッと身を潜め、獲物に瞬時に襲い掛かり、鎌で押さえつけムシャムシャと食べる獰猛(どうもう)な姿。翅を広げて威嚇する妖怪チックな姿。 なぜか見つめられてるみたいな不思議な複眼。美しい花や枯葉そっくりの驚くような擬態・・・等々、知れば知るほど不思議の宝庫! カマキリのワンダーな世界へご案内しましょう。

カラス

あなたは「真っ黒いくちばしと羽を持つ鳥といえば?」と聞かれたら、なんと答えますか? おそらく街中でも良く見かける身近な鳥、「カラス」と答える人が多いのではないでしょうか。 不吉や汚いといった悪いイメージを持たれがちなカラスですが、実際彼らはどんな生活を送っているのでしょうか? この記事でカラスはどんな生態の動物なのか、どんな特徴や秘密があるのか一緒にのぞいていきましょう!

ウーパールーパー

くりくりとした目とおとぼけたような顔、ひらひらとしたエラ、少し前にペットとして大流行を巻き起こしたウーパールーパー、実は詳しく知っている人は少ないのではありませんか? ウーパールーパーをよく知っていくときっとあなたも飼いたくなること間違いなしです!

インパラ

あなたはインパラという、アフリカに生息している草食動物を知っていますか? インパラは中型のレイヨウの1種で、飛ぶように軽やかに走ることで知られています。 しかし日本の動物園では飼育されていないため、実際に見たことがあるという人は少ないのではないでしょうか。 この記事でインパラにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ヨタカ

あなたは日本にも生息している、「ヨタカ」という野鳥を知っていますか? ヨタカは夜行性なうえに地味な色をしていることから、実際に見たことがあるという人は少ないことでしょう。 一見地味に見えるヨタカですが、実は驚くほど口が大きく開く、ヒゲが生えているなど、なんとも面白い特徴を持った鳥でもあります。 ヨタカにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にヨタカの暮らしをのぞいていきましょう。

スズメ

日本でもっとも身近な鳥と言えば、スズメを想像する人も多いのではないでしょうか。スズメはカラスやハトと並んで、日本で多く生息する鳥類です。小柄なその体はとても愛くるしく、「かわいい」と感じる人もいるでしょう。 しかし、これだけ身近な鳥であるにもかかわらず、一般的に知られていないことがたくさんあります。 今回は身近な鳥、スズメの知られざる生態を見ていきましょう。

レッサーパンダ

しましまのしっぽに眉毛のような白い毛、まんまるの目など見た目がかわいいことで有名なレッサーパンダ。 そんなレッサーパンダは動物園の中でも人気が高く、ファンが多い動物の1つです。 しかしレッサーパンダの生態やどんな特徴があるのか考えてみると、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? レッサーパンダにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

アルマジロトカゲ

あなたはアルマジロトカゲという、トゲトゲのウロコを持つドラゴンのようなトカゲを知っていますか? ときおり動物番組やSNSで話題になることがあるので、名前は知っているよという人もいるかもしれません。 アルマジロなのかトカゲなのかわからない、なんとも不思議な名前を持った彼らは他のトカゲにはない面白い特徴をたくさん持っています。 この記事でアルマジロトカゲがどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒に見ていきましょう!

ニホンザル

ニホンザルは名前の通り、日本に住んでいる唯一のサルの仲間です。 「桃太郎」や「さるかに合戦」などの昔話にも登場するニホンザルは、日本人にとってはなにかとなじみの深い動物といえるでしょう。 しかし改めて考えてみると、意外とその生態や特徴について知らないことも多いのではないでしょうか? この記事でニホンザルにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にニホンザルの世界をのぞいていきましょう!

ゾウ

ゾウといえば動物園でも人気のある生き物ですね。 長い鼻を器用に使いこなし、圧倒される大きさの体を持っています。 そして、賢い頭に優れた記憶力も兼ね備えています。 ゾウには他にも優れた部分があるのか探りにいきましょう!

ナマケモノ

ナマケモノという不名誉な名前を付けられてしまった「ナマケモノ」 でもちょっと(こんなにでふうにグウタラ暮らしてみたいな・・・)って、うらやましく思うことがありませんか? 「ナマケモノ」は世界で一番、動きの遅い哺乳類。のんびりと木にぶら下がっている姿は、思わず笑顔になってしまう愛らしさです。 一日のほとんどを寝て過ごし、起きていてもじっと動かずに過ごすナマケモノ。でもそれは、ただ「怠(なま)けている」わけではありません。深い理由があるのです。さて、その理由とは?

イカ

最近何かと話題になるダイオウイカ、お刺身、フライ、焼き、するめなどの家庭料理などでもよく見かけるイカ! なじみ深い生き物であるイカですが、あなたはイカについてどれくらい知っていますか? イカについてより深く知っていきましょう!

ウミウシ

皆さんは「ウミウシ」という生き物を知っていますか?不思議な生き物として話題になったこともあるので、名前を聞いたことある人もいると思います。 色鮮やかな見た目と特徴的な体つきから注目されるようになりました。カラフルな色合いが本当に美しく「海の宝石」とも呼ばれています。 ウミウシは何の生き物の仲間だと思いますか?実は「巻貝」の仲間なのです。しかし、貝殻(かいがら)が見当たらないので信じ難いですよね。 ウミウシの貝殻は退化してしまった種類が多いですが、一部のウミウシの中には貝殻を背負っている種類も残っています。 他にはどのような生態が隠されているのでしょうか。ウミウシについて一緒に探ってみましょう!

アシカ

あなたはアシカという、とっても賢い海生哺乳類(かいせいほにゅうるい)を知っていますか? 多くの水族館で飼育されていてショーに出演することも多いので、1度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。 身近な存在であるアシカですが、実は昔日本にも生息していたこと、その体には海で生活するためのたくさんの秘密が隠されていることなど、意外と知られていないことが多い動物でもあります。 この記事でアシカにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にのぞいていきましょう!

プレーリードッグ

あなたはプレーリードッグという、北アメリカに生息している草食動物を知っていますか? プレーリードッグは地上で生活するリスの1種で、地面に大きな巣穴を掘って仲間と一緒に暮らしている動物です。 動物園でよく飼育されていること、ときおりペットとして飼っている人がいることから「見たことがあるよ!」という人も多いのではないでしょうか。 この記事でプレーリードッグにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ペッカリー

あなたはペッカリーという、主に南アメリカに生息するイノシシに似た動物を知っていますか? ペッカリーはイノシシにそっくりですが、実はイノシシとは全く違う不思議な動物です。 もしかしたら古代エクアドルの土偶をモチーフとするゆるキャラ「ペッカリー」から、名前だけは知っているよ!という人もいるかもしれません。 この記事でペッカリーにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

マンボウ

マンボウと言えば大きな体と、愛嬌のある顔で人気のある魚です。一般的な魚と違う独特のフォルムは、一度見たら忘れられないほどのインパクト。 よく知られている魚ですが、実はその生態はまだまだ謎に包まれています。現在までに知られている生態を詳しく見ていきましょう。

アリクイ

アリクイといえば、長い舌を器用に使ってアリを食べているイメージがありますね。アリのような小さなエサで満腹になれるのか不思議に感じませんか? 特にオオアリクイは体が大きいので、少しの量では足らないと思います。1日にどれくらいの量のアリを食べるのか想像してみましょう。 実は、オオアリクイは1日に3万匹ほどのシロアリを食べます! アリクイはあまり有名な動物ではないので、生態について知らない人も多いのではないでしょうか? アリクイについて詳しく知るために一緒に探ってみましょう!

【送料無料】 ツインバード パンツプレス SA-4625BL 色:ダークブルー

キリンといえば長い首が特徴的ですね。 その首の長さから世界で一番背が高い動物でもあります。いつも眺めのいい景色が見えているのでしょうね。 そんなキリンには、まだ意外と知らない人が多い秘密が存在します。キリンの秘密について一緒に探っていきましょう。

サイ

サイといえば大きな角が特徴的ですね。 動物園でもよく見ることができる動物です。 しかし、近年では密猟(みつりょう)などにより数が減少しています。 サイはどんな生き物なのか、詳しく探っていきましょう。

ジャガー

ジャガーは南アメリカに生息する、唯一のネコ科ヒョウ属の動物です。 大きな体と斑点模様が特徴のジャガーは、その見た目や強さからアメリカのヒョウやトラとも呼ばれることもあります。 見た目が似ていることからヒョウと間違えられやすいジャガーですが、 その秘密を知ると動物園でジャガーを見るのが楽しくなるかもしれません。 それではジャガーにはどんな特徴や秘密があるのか、こっそりのぞいていきましょう!

ビントロング

あなたはビントロングという、ポップコーンのようなにおいがする不思議な動物を知っていますか? ビントロングはインドや東南アジアに生息する、ジャコウネコと呼ばれる動物の1種です。 そんなビントロングは名前も聞いたことがない…という人がいる一方で、実は隠れたファンが多い動物でもあります。 この記事でビントロングにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

トカゲ

トカゲの種類はどのくらい存在しているのか知っていますか? 実は、トカゲは4000種類以上いるといわれています。かなりの数の多さに驚かされますね! そして、トカゲの魅力(みりょく)といえば「個性」が豊かです。体の大きさ・顔つき・体格・特徴・肌質など、トカゲの種類によって大きく変わります。 個性が豊かだからこそ、トカゲはペットとしても人気があるのかもしれませんね。トカゲについて詳しく探ってみましょう!

チンパンジー

チンパンジーは私たち人間と同じ、霊長類(れいちょうるい)の動物です。 彼らは私たちと同じ祖先から生まれ、人間に一番近いことから「進化の隣人」という別名で呼ばれることもあります。 チンパンジーはとても賢く、道具を使うことや人間や仲間の行動を上手にまねることが知られています。 しかしその生態やどんな特徴があるのか考えてみると、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? この記事でチンパンジーにはどんな特徴や秘密があるのか、チンパンジーの世界をのぞいていきましょう。

ラーテル

ラーテルという名前の動物を知っていますか? 初めて名前を知る方も多いのではないでしょうか。 ラーテルは「世界一怖いもの知らずの動物」としてギネスブックに載っている動物です。見た目は強そうに見えませんが、積極的に周りにいる動物に攻撃をするのです。 そのため、ライオンやゾウなど体が大きい動物であってもラーテルを避けています。そんなに恐れられている動物がいるなんて興味が湧きますね。 ラーテルはどんな生き物なのか詳しく探ってみましょう!

アザラシ

ある時はテレビのニュースで話題になり、またある時はアニメのモデルにもなったかわいいアザラシです! 水族館でもよく見かけるので知名度も人気も高いアザラシですが、人間との関わりも深いって知っていましたか? そんなアザラシの生態や暮らしぶりを見ていきましょう!

ボブキャット

あなたはボブキャットという、体の割に短いしっぽが特徴のネコ科動物を知っていますか? ボブキャットは北アメリカに生息するヤマネコの仲間で、体の大きさはペットの猫の2~3倍もあります。 彼らは絶滅が心配される動物が多い中、今でも生息数を増やしていると考えられているたくましい動物でもあります。 この記事でボブキャットにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ライオン

百獣(ひゃくじゅう)の王と呼ばれているライオン! 肉食動物の世界ではとても強いため、子どもたちにも人気がある動物のひとつですが、 そんなかっこいいライオンでも、きびしい自然の中で生きていくは色々と大変なようです。 ライオンが普段どんな暮らしをしているのか見てみよう!!

ブンチョウ

ぴょんぴょんと可愛い姿がペットとしても大人気!手のりなど人に慣れやすく心癒されるパートナーです。 そんな愛らしいブンチョウと穏やかな日々を送ってみませんか?

イルカ

水族館ショーで目玉のひとつにもなっている、大人気のイルカです! 水中を泳ぎまわる姿は美しく、ボール遊びをする姿はかわいいですよね。 穏やかそうに見える性格のイルカなのですが、実は凄いパワーの持ち主だってことを知っていましたか? あなたの知らなかったイルカの世界、のぞいてみましょう!

スナドリネコ

あなたはスナドリネコという、水辺に生息する「漁」が得意なネコ科動物を知っていますか? 日本では限られた場所でしか飼育されていないため、初めて名前を聞いたという人も多いことでしょう。 しかし「ぼのぼの」というアニメ(漫画)に登場するため、名前だけは知っているという人もいるかもしれません。 この記事でスナドリネコはどんな動物でどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

タカ

タカやワシは空の王者と呼ばれるほど、空を飛ぶたたずまいは優雅で誰もが心を奪われます。 空を飛べない人間にとって、鳥は自由の象徴のように扱われることが多く、中でもタカのような猛禽類は強さも魅力的です。強靭な爪やくちばしで空から急襲する姿は、まさにハンター。 人間と古来から付き合いのあるタカは、普段どんな生活をしているのでしょうか。タカの生態を一緒に見ていきましょう。

シャチ

愛らしい姿と高い知能で、水族館のショーでも人気のシャチ。しかしシャチの別名や異名は、物騒なものが多い印象です。 海のギャングという異名や、英名では殺し屋クジラ(Killer whale)。学名のオルキヌス・オルカ(Orcinus orca)は、「冥界からの魔物」という意味です。その名に恥じず、野生のシャチは生態系の頂点に立つほど獰猛で恐ろしい種。 相反する要素を兼ね備えるシャチですが、野生ではどのような生態なのでしょうか。シャチの普段の様子を見ていきましょう。

マングース

本州ではあまり見かけることが少ないものの、沖縄など南方面で有名な動物のひとつとして知られている生き物といえば・・・ そう、マングースです!見た目はイタチのようで少し可愛らしい感じもするのですが、 実は地域によってはマングースによってとんでもない事態が引き起こされているって知っていましたか? このページをきっかけにマングースとの付き合い方について考えてもらえたら嬉しいです!

ウシ

あなたは「ウシってどんな特徴がある動物なの?」と聞かれたら、どんな説明をしますか? ウシはとても有名な動物なので、牧場や動物園などでその姿を見たことがある人も多いことでしょう。 しかしあらためて考えてみるとウシにはどんな種類がいるのか、なぜ草を食べてあんなに大きくなれるのかなど、意外と知らないことも多いのではないでしょうか? それでは意外と知らないウシの特徴や秘密について、こっそりと覗いていきましょう!

サイチョウ

「カスク」と呼ばれる突起は非常に大きく、一度その姿を見たら忘れられないという人も多いことでしょう。 なんとも不思議な鳥、サイチョウにはどんな特徴や秘密があるのか、この記事で一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ジュゴン

ジュゴンといえば、人魚のモデルとなった生き物として有名ですね。名前を知っている人は多いと思いますが、実際に見たことはありますか? ジュゴンは絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に含まれていて、飼育も難しい生き物なのです。そのため、日本では鳥羽水族館でしか見ることができません。 ジュゴンはとても穏やかな性格をしており、つぶらな瞳が可愛らしく魅力的(みりょくてき)です。そんなジュゴンの生態については、知らない人の方が多いのではないでしょうか? この機会に、ジュゴンのことを一緒に調べて詳しくなりましょう!

ヘビ

爬虫類といえばヘビをイメージする人が多いのではないでしょうか。 好き嫌いが分かれやすい動物ですね。最近では、ペットとして飼う人も増加しています。ヘビにはどんな魅力があるのか探っていきましょう!

ラクダ

背中に大きなコブを持ち、長いまつ毛の優しい目をしたラクダ。 このラクダのコブや長いまつ毛、そしてその大きな体には、過酷な環境を生き抜いて進化してきた、驚きの知恵と歴史が隠されています。

ジャガランディ

あなたはジャガランディという、イタチやカワウソのような見た目のネコ科動物を知っていますか? 日本の動物園では飼育されていないため、名前も知らなかったという人も多いのではないでしょうか。 南アメリカに生息するジャガランディはイタチとネコの習性をあわせ持つ、なんとも不思議な動物です。 この記事でジャガランディはどんな特徴や秘密を持っているのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

ハクビシン

あなたはハクビシンという、主に東南アジアに生息しているジャコウネコの仲間を知っていますか? 動物園で飼育されているほか、日本国内にも生息していることから実際に見たことがあるという人もいることでしょう。 そんなハクビシンは日本ではさまざまな理由から害獣として扱われ、駆除される対象となっている動物でもあります。 この記事でハクビシンにはどんな特徴や秘密があるのか、一緒にその暮らしをのぞいていきましょう!

わたしたちの想い

私たち、人間は多くの情報・知識を得て、動物界の頂点に立っているとされております。しかし、蓋を開けてみれば、まだまだ他の動物から学ぶことは多いと思います。
クモの糸を人間が再現すれば、より強固で軽い素材を作れたり、擬態する色素の仕組みがわかれば、透明人間になれるのも夢ではないかもしれません。

人間も動物の一部であり、生まれてくる目的はただ一つ、生きて子孫を残すこと。血縁やグループの家族を守ること。
例え自分が主役ではなくとも、きちんと役割をこなす動物たちには頭があがりません。

動物完全大百科は、私たちが彼らのことを知ることにより、多くの人が動物を大切にし、大きく言えば、地球を大切にしてほしいという願いが込められております。

小さな子供たちから、大人たちも含め、皆様とご一緒に動物のことを知るきっかけとなれることを願っております。

利用規約

お問い合わせ